2008年3月11日 (火)

春ですね

冷え込みがきつい時期も過ぎようとしていますが、もう3月も半ばに差し掛かる時期となりました。

もう少し暖かくなってきたら二階も、客席として再度開けようと思います。現状は本(古本)を見たい、というお申し出があればご覧になっていただく感じなので、「二階は?」と思われることもあるかもしれません。二階に暖房設備がないため、席としてご案内を控えております。

3月、年度末であったりと何かとバタバタしやすい時期ですが、弊店におきましても店主都合により3月10日~3月17日(今週月曜から来週月曜)までお休みいたします。

店主都合というと何ですが、気分転換の旅に出てきます。国内です。

戻ってきたら、またお会いしましょう。

| | コメント (1)

2008年1月31日 (木)

after midnight

こんにちは。新年あけて1月も終盤。めっきり冷え込む日も多いこのごろ。寒いのでホットラムがよく出ます。ラムをお湯で割るものから、ホットラムミルクなど。お店ではマイヤーズのラムを出しているのですが、実はこのボトル。あることに役立つのです。

Image346_2 こちら。この形がポイントなのですが、これにお湯を入れると湯たんぽになるのです。ガラスなので若干取り扱いには気をつけなくてはなりませんが、適温のお湯であれば熱伝導率もよいのですぐに温まります。足が冷えすぎてしまったときなんかには威力を発揮。

思わぬ副産物でした。

今回のエントリーにつけたこのタイトルは、今BGMにしているCDのタイトル。市販されているものではなくお店でかけることを想定して、ということで編集していただいたものです。

    • The Kiss / Judee Sill
    • Everybody's Gotta Leam Sometomes / Beck
    • Pluma / Lisandro Aristimuno
    • Perpetuum Mobile / Penguin Cafe Orchestra 
    • Misty Roses / Colin Blunstone
    • My Song / Keith Jarrett
    • Delicate / Damien Rice
    • Sertao / Moreno+2
    • のうぜんかつら / 安藤裕子
    • Forse Basta(ペイネ愛の世界旅行) / Ennio Morricone
    • So Long,Frank Lioyd Wright / Simon & Garfunkel
    • Here Comes The Flood / Peter Gabriel
    • Rockets / Eg & Alice
    • Chemutengure Inst / Dumisani Maraire & Ephat Mujuru
    • Harar et les gallas / Hecter Zazou
    • Send One Your Love / Stevie Wonder   
    • Songbird / Fleetwood Mac

通して聴くと76分超。曲のよさもさることながら構成の妙が素晴らしいです。

| | コメント (3)

2008年1月12日 (土)

お店の場所について

こんにちは。

「もう一本駅に近い道沿いかと」

「何度も通り過ぎてて気がつきませんでした」

「うっかり隣のお店のドアをあけてしまいました」

・・・というお話を何度も伺っていたのですが、一度来れたら

もう迷わない、ということでしたので、大丈夫かなー、と

具体的な案内を載せておりませんでしたが、リンクでこちらにいらっしゃった場合などは

店情報のなさにびっくりされたことかと。。。すみません。

わかりにくいMAPで申し訳ありませんが掲載してみたいと思います

2tizu_2

扉になまずの絵が描いてあるところになります。すぐよこにも扉があるのですが、そちらを開けてしまうとまったく違うお店になっておりますのでご注意下さい。

あ、ちなみにこちらは店名の綴りが違う初期のころのショップカードです。

何卒宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

ちょっとだけ

メニューが増えました。

私が余りお酒に詳しくなく、かつ余り飲めないということと、元々あの場所で酒場的なことをやるつもりがなかったせいもあり、アルコールのバリエーションに欠けていたのですが、今回、マッカランが加わりました。それとナッツとドライフルーツもメニューとして加えました。

古本ではないのですが、先日出向いた「ashes&snow」展の写真集を店で眺めています。動物と人の対峙の仕方がファンタジカルですが、合成ではないそうです。装丁も凝っています。

Ashes私一人で楽しむのも勿体ないくらいいいものなので、ご興味のある方いらしたら、ご覧になっていって下さい。

今日は暑いですね。冷たいもののオーダーが増えてきました。

| | コメント (2)

2007年6月 5日 (火)

不思議ですが

昨日は月曜でしたが、店が開いてるのです。そう、昨日から月木営業がスタートしました。自分がカウンターの外にいることは珍しくないけど、オーダーは普段しないし。

よく言われることですが、確かに時間の感覚がおかしくなるというか。意外と時間が経っててびっくり。

本も増えてきています。

今週は木曜日もハートランドさんの日になります。

ちなみに今日火曜日ですが、所用のためお休みさせて頂きます。

| | コメント (0)

2007年6月 2日 (土)

6月2日

本日土曜日ですが、夕方からという予定を都合により、

夜からの営業となります。取り急ぎお知らせいたします。

21時位~です。何卒宜しくお願い致します。

【追記】

本が少しづつ入ってきました。

「tokyo reading press」最新号も配布開始しています。

| | コメント (0)

2007年5月31日 (木)

二度目の今日は

実は今日でひっそりと一年でした。丸一年。去年は水曜日に初めて開けたのでした。

家に戻ってきて、今日だったんだなー、と気づく。自分でもあっさりとしています。

6月以降は、本が入ります。西荻の古本屋さん、ハートランドさんが弊店で

書棚を持って喫茶営業しつつも本が買えるというスタイルです。

二階席を改装中なので、二階へご案内することを現状控えておりますが、

そのうち開けるので、興味おありの方はお楽しみに。

レイアウトも以前とは違ったものとなります。今日は一階に文庫用の

書棚が入りました。どんな本が並ぶのだろうかと、私が楽しみにしています。

それと、今お休みしている月木、件のハートランドの店主、Sさんがお店に

入ることになっています。基本的に月木も営業することになるのですが

都合につきお休みも入ることかと思います。何卒ご容赦下さいませ。

因みに店名は「エチカ」のままですが、感じとしてはエチカ/ハートランド の

雰囲気で。元々私が自分の本を適当に並べていたりはしていたので、急に

感じが一変するということもなく、淡々と出来るんじゃないだろうか、と

そんな気がしています。夜と古本。並列にあるような感じで。

| | コメント (2)

2007年5月29日 (火)

一年経ちました

前回の記事をアップしたのは去年10月が最後。

営業案内も、月・木休みであることが固定になってきたので

ストップさせてしまったところ、私自身がここへアクセスすることを習慣と

しなくなってしまったことが更新が止まっていた原因でもあります。

それから半年余り。

数回、長めに休んでしまったことはありますが、

基本的には、ここを夜開ける生活を続けて今月末で一年になります。

一年。なんて早いんだろう。いろんな人たちが来てくれて一年。続けることが出来ました。

さっき、自分が書いた過去の記事を最初から読み返していたら、

準備段階の切羽詰ってどうしよう、っていう気持ちや、わくわくしてる気持ちが

思い出されて。それはまるでついこないだの事のようなのに。

だけど店として存在するようになってから過ぎていった時間は一年というよりも

もっと長い時間が経っているような気がしています。このお店を初めて

起こったことの数々が、一年というには有り余る程に感じられる期間でした。

これは私自身にもたらされた所感として。

しかしまだ総括には早すぎるので、回顧するのもこれくらいにして

今後の話。

直近ですが、一年ということで6月1日(金)2日(土)には餃子をやります。

食べ放題はちょっと無理かもしれないのですが、きてくださった方に

餃子をお出ししたいなと思っています(嫌じゃなければ)。

一緒にビール飲めたらいいな、っていうんでやります。

※通常のメニューもやっています

| | コメント (0)

2006年10月14日 (土)

お店のこと

またもすっかり放置してしまっていましたが

特に変わりなく営業はしています。

ときおり急にどこかに行きたくなってしまった時とか

OL稼業が地味に忙しくなってしまったりとか

そういう時は急遽お休みしてしまうこともあるのですが

基本的には出来うる限りはここを開けること自体が

大事なことではないかと思っています。

まったく予想だにしていないことが起きるのも

こういうところにいる醍醐味ですね。

初めてきてくださったかたが

またきてくれたり、お客さん同士で話が

弾んだりすること。

私がここをやろうかな、と思ったときはもちろん

そういうことを夢想していたわけですが

実際そういうことが目の前でおこってるということ。

あくまで容れものを私は形作っているだけで

いろんな作用が来てくださったかたたちによって

起こること。

得難い体験をしているなあ、と毎日思っています。

ひとがいないときは大体本を読んで過ごしています。

二階が客室なら、一階は私の部屋のようなものかも。

多分好き嫌いは分かれてしまうような類の店です、うちって。

皆に万遍なく好かれるお店でも、良店は沢山あると思うのですが

やりたかったこととしては、それではなかったので

今の状態は(ひとがたくさん来る日も、来ない日も)

私が望んでいたことに沿っているのです。

また、違う方向性を考えることも、もしかしたらあるかもしれませんが

それなら違う場所でやってみたらどうだろう、とか

また妄想を繰り広げてはニヤリとしています。

寒くなってきたので、そろそろ冬の品揃えを考えてみようかと

思っています。

何か温まるものを。

| | コメント (0)

2006年9月20日 (水)

久々に更新いたします

ずっとこちらを放置してしまっておりまして、

定期的にご覧になられていたかたいらっしゃいましたら

本当にすみません。

営業案内だけでも載せるべきかと思いなおした次第です。

このブログ当初は、開業に至るまでのことを、私の場合

こうでした、というようなことを残しておければ良いかしら、と

はじめたものでしたが、意外とごらんになったという方が

多くてびっくりしたこともあります。

その後、不定休としていたお店のお休みが、私の仕事を含めた

生活のペースにより、大体月・木を休みにして営業をしています。

火・水・金・土・日・・・を営業していることになりますが、若干変動は

しつつもこのようなペースになってきたようです。

営業時間については、30分当初より遅めて9時半位からとし、

閉店も平日は25時位(お客様がいらしたときはこの限りではなく)

週末(金・土)は26時位(お客様がいらしたときはこの限りではなく)と

しています。ラストオーダー(閉店30分前)にどなたもいなければ、

片付けをして閉店、という流れです。

そのほか、変化としては、扉に絵を描いてもらったり。

あとは2階の外壁に残った迷彩柄をどうにかしたいなあ、と思うのですが

いつになることでしょうか。

でも、あの柄は、昔からあの通りを知っていて、先代のオーナーさんの

お店にいらしていた方々には非常に懐かしいようなので、

そういう思い出を喚起するのであれば、それもまた良いのかな、と

思ったりしています。

そういう方たちが来られると、まず開口一番、「こんな風になるんだ!」と

同じ物件でありながら雰囲気が全く違うということに驚かれるのが常です。

前はなんだか体育会系部室ノリだったとか。

2階に最大収容18人したこともあったとかいうことで、さぞや賑やかな

感じだったのだなあ、とその頃のお話を伺うのもまた楽しいです。

確かに、壁に当初沢山の落書きや、ドアに「押忍!」と書いてあったり。

それ以前はどんな感じだったのかは知る由もないのですが

古いたてものの持つ雰囲気をなるべく壊さないようにしてやって

いきたいなあと思います。

昨日の朝日新聞の新宿ゴールデン街再開発の記事を読んで

建物の老朽化と、都心のオフィステナントの不足から、50階建ての

ビルが建つんじゃないかという話も出てきているようす。

確かに形あるものはいつか無くなるし、ここ西荻・柳通りも

全く同じような経緯で作られたものですから、古いたてもの好きとしては

ちょっとドキドキしてしまう記事でした。

元々ゴールデン街と似た匂いを感じて、私もあの場所に決めたので

もし再開発になって味気ない街になってしまったら寂しいなと思います。

| | コメント (2)

«営業